現行リーバイス501の違い|「オリジナル」「USAモデル」「ビンテージクロージング」などの違いを解説

投稿日:

リーバイス501の魅力

501って、ものすごく分かりづらい。

公式サイトを見ても「オリジナル」やら「MADE IN THE USA」やら分かりづらい。デニム好きの人のブログを見ても、

「ビッグEが〜」

「アーキュエイトステッチの形が〜」

みたいな、デニム大好き人間にしか伝わらないところにフォーカスしている。

違う、そうじゃない。

私は「シルエット」と「質」と「値段」のバランスを知りたいんだ。

ということで、501をはじめて買うあなたへ。

現在、日本で簡単に手に入る501の違いについて、じっくり解説していきます。

スポンサー リンク

リーバイス501は何が違うのか

現在、日本でリーバイス501を新品で買おうとすると、主な選択肢は次の4つになります。

【501オリジナル(日本流通)】
→リーバイスストラウス"ジャパン"が販売する501。日本のショップに最も置いてある。1万3000円前後

【501オリジナル(アメリカ流通)】
→リーバイスストラウスが販売する501。アメリカ国内で流通しており国内で正規販売はされていないが、コアなデニムショップや楽天で売っていることがある。7000円前後。

【501 MADE IN THE USA】
→リーバイスストラウスジャパンが販売する「アメリカ国内生産」に拘った501。「現行の501」の中では最も品質が高い。1万8000円前後。

【501 ビンテージクロージング】
→全世界共通で販売される、各時代を復刻した501。1890モデルや1947モデルなど、当時のシルエットや質感を忠実に再現している。3万円前後。

詳しい特徴は後述するとして、それぞれ何が違うのか。

1つずつ解説します。

生地や縫製の質

まず、シンプルに"質"が異なります。

最も有名なポイントとして「セルビッジ」が挙げられます。

【セルビッジとは】

シャトル織機と呼ばれる旧式の織機で作られたデニム。

優れた質感と色落ちが実現できるため、2万円を超えるデニムの大食いは「セルビッジ」で生産される。

501で言えば、価格の高い2つ、

  • 501 MADE IN THE USA
  • 501 ビンテージクロージング

この2つが「セルビッジ」を採用しています。

ちなみに、見分け方は簡単。

裾を折り返して見たとき、生地のはしっこが綺麗に整っているのがセルビッジ。糸でぐちゃぐちゃに見えるのが通常のデニムです。

501のセルビッジモデル

セルビッジデニム

501のセルビッジじゃないモデル

通常デニム

生産国

今どきのアパレルアイテムなんて、大抵が途上国で大量生産されています。

生産国による品質の差はほとんど無くなり、ハイブランドでも中国生産なことも少なくありません。

だけど、「アメリカ生産のデニム」はロマンなんです。

そのため、501には「501 MADE IN THE USA」というアメリカ生産モデルがわざわざ存在しています。

リーバイス501 MADE IN THE USA

リーバイス501 MADE IN THE USA

ちなみに、

  • 501オリジナル(日本流通モデル)
  • 501オリジナル(アメリカ流通モデル)

こちらのベーシックラインは「エジブト」「ベトナム」「メキシコ」などで生産されています。

  • 501 ビンテージクロージング

こちらの最上級ラインは「ブルガリア」か「トルコ」です。

少し前はアメリカ生産だったのですが、リニューアルに応じて変更されています。昔ながらのリーバイスファンからはめちゃくちゃ非難されたようです。

値段

品質と生産国が異なった結果、価格にも差が表れます。

【501オリジナル(日本流通)】
→1万3000円前後

【501オリジナル(アメリカ流通)】
→7000円前後。

【501 MADE IN THE USA】
→1万8000円前後。

【501 ビンテージクロージング】
→3万円前後。

はっきり言って、コストパフォーマンスで言えば「501オリジナル(アメリカ流通)」が圧倒的です。

この中では最も安価なラインですが、デニムの王様501であることに違いはありません。

日本ではリジッドデニム(加工されていない)しか購入できませんが、自分だけの色落ちを楽しむことが出来ます。

リーバイス501各モデルを比較

それでは、実際に購入できる501を実際の画像を見ながら、比較していきます。

ざっくり言うと、こんな感じ。

【501オリジナル(日本流通)】
→リーバイスストラウス"ジャパン"が販売する501。日本のショップに最も置いてある。1万3000円前後

【501オリジナル(アメリカ流通)】
→リーバイスストラウスが販売する501。アメリカ国内で流通しており国内で正規販売はされていないが、コアなデニムショップや楽天で売っていることがある。7000円前後。

【501 MADE IN THE USA】
→リーバイスストラウスジャパンが販売する「アメリカ国内生産」に拘った501。「現行の501」の中では最も品質が高い。1万8000円前後。

【501 ビンテージクロージング】
→全世界共通で販売される、各時代を復刻した501。1890モデルや1947モデルなど、当時のシルエットや質感を忠実に再現している。3万円前後。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

501オリジナル(日本流通モデル)

【生地】
セルビッジではない、通常生地。

【生産国】
エジブト、メキシコなど。

【価格】
1万3000円前後。

【総評】
手に入れやすいのが魅力だが、価格と質を見ると中途半端ではある。

まず、基本になるのは「501オリジナル(日本流通モデル)」です。

リーバイス501

ライトオン公式サイト

名前を見れば分かるように、現代の日本における最もベーシックな501と言えます。

リーバイス公式ショップやライトオンなどの小売店に並んでいるため、入手のしやすさは圧倒的。加えて、サイズや加工モデルも豊富に揃っているため、多くの人のニーズに答えています。

501オリジナル ワンウォッシュ

リーバイス公式サイト

501 ダメージ加工

リーバイス公式サイト

ただ、501オリジナル(日本流通モデル)は、リジッドデニム(加工なし)が存在しません。

加えて、セルビッジでもなく、アメリカ生産でもない。そのため、熱心なデニムファンからは、

「現行の501オリジナルは買う価値なし!!」

なんて厳しい声が上がったりしています。

501オリジナル(アメリカ流通モデル)

【生地】
セルビッジではない、通常生地。

【生産国】
エジブト、メキシコなど。

【価格】
7000円前後。

【総評】
最もコスパの良い501と言える。加工モデルを日本で購入するのは難しいため、リジッド限定になるが欠点。

ショップ店員などのおしゃれ上級者から支持されているのは「501オリジナル(アメリカ流通モデル)」です。

アメリカ流通版501

jalana公式サイト

先に紹介した日本流通モデルとは、

  • パッチの素材
  • 生地の質感
  • 縫製の丁寧さ
  • シルエット

などが異なりますが、よほどの拘りがない限りは「ほとんど同じ」と感じるのが本音です。

そう考えると、

「リーバイス501が7000円で買える」

というコストパフォーマンスの良さは凄まじい。

いわゆる「並行輸入品」になるため実際に手にとって選べないのが欠点ですが、楽天やAmazonなどで購入自体は簡単に行うことが出来ます。

ちなみに、「アメリカ流通モデル」は「アメリカ生産」ではありません。

ものすごく紛らわしいのですが、ご注意を。

501 MADE IN THE USA

【生地】
セルビッジで上質。

【生産国】
アメリカ。

【価格】
1万8000円前後。

【総評】
「現代の501」としては、最も品質の良いものになる。デニム好きにはファンが多いが、一般人が値段分の価値を見出せるかは微妙なライン。

501としてのロマンが詰まったモデルが「501 MADE IN THE USA」です。

リーバイス501 MADE IN THE USA

リーバイス公式サイト

シルエット自体は「501オリジナル(日本流通モデル)」と変わりませんが、

  • セルビッジ
  • アメリカ生産

この2つの要素によってデニム好きを唸らせる一品になっています。

加工モデルも豊富に揃っているので、

「現代の高品質な501が欲しい」

と考えているのなら間違いありません。

501 アメリカ生産モデル

リーバイス公式サイト

501 ビンテージクロージング

【生地】
セルビッジで上質。

【生産国】
ブルガリアやトルコ。

【価格】
3万円前後。

【総評】
年代によって質感やシルエットが異なるため、一概には評価できない。ただ、バリエーションが非常に豊富なため、お気に入りの一着を見つけられる可能性は高い。

100年以上続く501の歴史に触れられるのが「501 ビンテージクロージング」です。

LVC501 1955年モデル

ビンテージクロージング1955年モデル

一言で言えば「復刻モデル」ですね。

ざっくり展開されているだけでも、

  • 1890年モデル
  • 1937年モデル
  • 1944年モデル
  • 1947年モデル
  • 1954年モデル
  • 1955年モデル
  • 1966年モデル
  • 1976年モデル

と8種類以上の年代が復刻されています。興味のない人からすれば全部同じですが、デニム好きからすれば、たまらない。

そんなアイテムになっています。

LVC1955年モデル

ビンテージクロージング1955年モデル

現行の501と比較するのであれば、

  • 1947年モデル
  • 1966年モデル

あたりが人気です。

1947年モデルは、細身のストレートシルエットでスタイリッシュ。現行よりもやや細いイメージで、かっこいい雰囲気になります。

501の中でも細いモデル

ビンテージクロージング1947年モデル

1966年モデルは、レギュラーシルエットのテーパード。現行と似ていますが、1966年モデルの方が良い意味で野暮ったい。

ビンテージショップなどで売っている高価な501はこのあたりの年代なので、漠然とした501のイメージとしては1966年モデルの方が近いかもしれません。

現行の501は、けっこう細いですから。

リーバイス501 1966年モデル

ビンテージクロージング1966年モデル

まとめ

今、日本で新品の501を買おうと思えば、大きく4つの選択肢があります。

【501オリジナル(日本流通)】
→リーバイスストラウス"ジャパン"が販売する501。日本のショップに最も置いてある。1万3000円前後

【501オリジナル(アメリカ流通)】
→リーバイスストラウスが販売する501。アメリカ国内で流通しており国内で正規販売はされていないが、コアなデニムショップや楽天で売っていることがある。7000円前後。

【501 MADE IN THE USA】
→リーバイスストラウスジャパンが販売する「アメリカ国内生産」に拘った501。「現行の501」の中では最も品質が高い。1万8000円前後。

【501 ビンテージクロージング】
→全世界共通で販売される、各時代を復刻した501。1890モデルや1947モデルなど、当時のシルエットや質感を忠実に再現している。3万円前後。

どれを買うかは、あなた次第。

ちなみに、私は、

  • 501オリジナル(アメリカ流通)
  • 501ビンテージクロージング1966モデル

この2つを購入して、色落ちの違いを楽しんでいます。

人気の記事

メンズ服の通販サイトの解説 1

おしゃれなショップを選べば、あなたの評価は自然と上昇していきます。 そりゃそうです。 だって、「おしゃれなショップ」には、「おしゃれなアイテム」が売っているのです。それらのアイテムを使ってコーディネー ...

おしゃれ 意味 2

おしゃれをすると、友達が増え、会社での評価が上がり、モテるようになります。 これは紛れもない事実です。 もちろん、「服装だけでモテる」「おしゃれなら給料が増える」なんてキレイごとを言うつもりはありませ ...

女性の目線 3

「8割の女性が、会計時に他人のクレジットカードのランクをチェックした経験がある」 大手クレジットカード会社「クレディセゾン」の調査では、女性の厳しい目がハッキリとアンケート結果に現れています。 ところ ...

-リーバイス

Copyright© メンズファッションどっとこむ , 2020 All Rights Reserved.