ハゲになりやすい人の特徴|20代から薄毛対策を行った方が良い人の特徴を5つ紹介する

投稿日:2019年1月11日 更新日:

ハゲやすい人の特徴 20代

誰もが、取り返しがつかなくなってから後悔します。

虫歯も、病気もそうです。毎日しっかり歯を磨けば、虫歯になって歯を失うことはない。1年に1回だけ健康診断に行けば、手遅れになって命を失うことはない。

それなのに、誰もが健康な間は動けないのです。

薄毛対策も同じです。ハゲてない時から対策を行えば、高確率で不幸な結果を避けることが出来る。それなのに、多くの人は毛髪を失ってから慌てて落胆するのです。

「あの時、ちゃんとしていれば良かった…」と。

とは言え、やっぱりフサフサの時から行動することは難しい。そこで今回は、将来的に薄毛に悩む可能性が高い5パターンを紹介します。

もし、あなたがこれから紹介する5パターンの内1つでも当てはまるのなら…今すぐ薄毛対策に向けて動き出すのがおすすめです。

スポンサー リンク

現時点で薄くなっている人

既に髪の毛の減少を感じている人は今すぐ薄毛対策を始めるべきです。

そもそも、薄毛対策は大きく3つに分けられます。

【予防】毛を守る【簡単】
→ハゲの原因を取り除く。シャンプーや食生活の改善。

【育毛】毛を育てる【普通】
→残った毛をなるべく太く長く残す。上記に加えて、育毛剤やサプリメント。

【発毛】毛を生やす【困難】
→なくなった毛を復活させる。上記に加えて、発毛剤やクリニック治療。

難易度と必要資金は下に行けば行くほどハネ上がり、治療の成功確率も下がっていきます。

正常な状態で薄毛対策を行うに越したことはありませんが、多少の進行であればまだまだ早期改善の可能性は充分にあります。

「20代なのに少し薄くなってきた…もう手遅れだ…」

と考えずに、しっかりと対策することがおすすめです。

父親、祖父、および親戚にハゲがいる人

両親がハゲ

薄毛と遺伝には明確な相関関係があります。

もちろん、ハゲ家系だからと言って100%ハゲる訳ではありません。ただ、薄毛の原因を科学的に考えていくと「5αリダクターゼ」という変換酵素が重要なファクターになっていることが分かります。

この「5αリダクターゼ」は遺伝によって分泌量が決まるのです。

そのため、親族にハゲている方がいる場合、あなたも早期に薄毛の被害を受ける可能性が高い。

髪が柔らかくなってきた人

ハゲ 予防 方法

10代のころに比べて、髪が柔らかくなってきた人は注意が必要です。

前提として、

  • 幼少期から軟毛
  • 幼少期から剛毛

この場合は特に問題ありません。軟毛の人の方がハゲやすいイメージを持たれていますが、毛質と薄毛に明確な相関関係はないのです。

ただ「髪が柔らかくなってきた」は注意が必要。

体質の変化もなくはないのですが、この症状は「加齢とともに、髪にハリとコシがなくなってきた」と考えた方が良い。

つまり「薄毛の初期症状」です。

早めの対策がオススメになります。

安いシャンプーを使い続けている人

安い市販のシャンプー

スーパーやドラッグストアに売っている安価なシャンプーは、髪と頭皮にダメージを与え続けています。

ダメージの正体は「石油系洗浄成分」です。

【石油系洗浄成分とは】

洗浄力と刺激性が非常に強い成分。

原材料が安価なため、市販の1000円以下のシャンプーにはほぼ全て配合されている。「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」など。

薄毛の原因の他、強すぎる洗浄力ゆえに、

  • かゆみ
  • フケ

などを誘発する場合もあります。

シャンプーへのこだわりはご家庭によって様々ですので、幼少期からずっと「石油系洗浄成分」を配合したシャンプーを使っているのなら注意が必要です。

ストレスが溜まりがちな人

日常のストレスがハゲに繋がる

ストレスが溜まりがち人も注意が必要です。

ストレスが薄毛に直結する訳ではありませんが、ストレスから誘発される「血行不良」や「ホルモンバランスの乱れ」などは薄毛に繋がっていきます。

とは言え、ストレスに明確な解決策もありません。

特に、日本人のストレスの大半は「人間関係」や「仕事」「金銭面」ですので、原因を根本から取り除くことは不可能に近い。

ただ、完全なストレス発散とは行かずとも、

  • 充分な睡眠
  • 定期的な運動
  • 正しい食生活

この3つを心がけることが出来れば、ストレスによる悪循環の大部分は防ぐことが可能です。

まず、自分が実践できる1つ1つから意識してみてください。

まとめ

ハゲは、ほぼ全ての人に訪れる不幸です。

そのため、可能であれば全ての20代が対策を行った方が良い。そして、その中でも、

  • 現時点で薄毛を感じる
  • 親族に薄毛がいる
  • 髪が柔らかくなってきた
  • 安いシャンプーを使い続けている
  • ストレスが溜まりがち

この5項目に少しでも心当たりがある人は、早め早めの行動を心がけるのがおすすめです。

この記事は20代からの薄毛対策【第3回】です。

他のページをご覧になりたい方は、以下からどうぞ。

【第1回】
20代からハゲ予防を行う理由

【第2回】
日本人の薄毛の原因

【第3回】(今のページ)
ハゲになりやすい人の特徴

【第4回】
「発毛」と「育毛」「予防」の違い

【第5回】
メンズシャンプーの選び方

人気の記事

メンズ服の通販サイトの解説 1

おしゃれなショップを選べば、あなたの評価は自然と上昇していきます。 そりゃそうです。 だって、「おしゃれなショップ」には、「おしゃれなアイテム」が売っているのです。それらのアイテムを使ってコーディネー ...

おしゃれ 意味 2

おしゃれをすると、友達が増え、会社での評価が上がり、モテるようになります。 これは紛れもない事実です。 もちろん、「服装だけでモテる」「おしゃれなら給料が増える」なんてキレイごとを言うつもりはありませ ...

女性の目線 3

「8割の女性が、会計時に他人のクレジットカードのランクをチェックした経験がある」 大手クレジットカード会社「クレディセゾン」の調査では、女性の厳しい目がハッキリとアンケート結果に現れています。 ところ ...

-20代からの薄毛対策

Copyright© メンズファッションどっとこむ , 2019 All Rights Reserved.